子供のどもり(吃音)を改善するには【私の体験談】

MENU

子供のどもりに悩むお母様、もう頑張らなくても大丈夫です

あなたのお子様はこんな状況ではありませんか?

  • しゃべり方(どもり)が気になる・・
  • 他に行かせたけれど、吃音が治らなかった・・
  • 治療させたいけれど、どこに相談したらいいのか分からない・・
  • このまま吃音が治らなかったら、と心配・・
  • 引っ込み思案でおとなしいので、子供の将来が心配・・

小さな子供を持つお母さんにとって、
周りの子に比べて自分の子供の発音がおかしかったり、
どもっていることに気付いたとき、

このまま様子を見ていていいのかな・・・
お友達とうまくやっていけるのかな・・・
子供の将来、大丈夫なのかな・・・

などと、心配になってしまうこともあるでしょう。

そこで、子供を診てくれる施設や病院を探すものの、
どもり(吃音)は受け入れてくれなかったり、
相談する場所が見当たらなかったり、
私の場合もそうでした。

ですが、言葉の専門家である言語聴覚士
「早坂先生」のアドバイスを受けたのをきっかけに、
私の子育てに対する考え方が180度変わりました。

子供の吃音の原因は、体質や環境、
それに言語習得の過渡期であることなどが理由だから
仕方がないと思っていたのですが、
実は一番の要因は、子供の目線から見た微妙なプレッシャーや様々なストレスだということを教えてもらいました。

吃音の専門家の早坂先生の講義を聞いたことで
子供に向き合う具体的な考え方や接し方などがわかり、
今まで以上に肩の力をぬいて楽しく子育てができるようになりました。

言葉の改善

さらに、子供の吃音も良くなって、さらに才能を最大限に発揮できるようになる、
そのような解決方法を知ることができました。

そして遂に、3年間も悩んできた吃音から解放させてあげることができました!

ぜひ、同じ悩みを抱えるお母さまには
言語聴覚士の早坂先生の指導を受けることをご検討いただければと思います。

↓↓こちらをクリックして、早坂先生の実績や詳細をご確認ください。
>>吃音の専門家「早坂先生」の吃音(どもり)改善方法<<

お子様の吃音はもちろん、親としても大きな成長のきっかけになると信じています。